安平樹屋:台南の必見観光スポットの行き方

安平樹屋 (安平樹屋) は、台南市の安平区で最も人気のある観光スポットの 1 つであり、台南で最も有名な観光スポットの1 つです。

この「ツリーハウス」は、実際には元貿易倉庫で、広大なガジュマルの木の根と枝に完全に占領されており、カンボジアのアンコール・ワットにある有名なタ・プローム寺院と比較する人もいます。

倉庫は旧 Tait & Co. Merchant House (英商德記洋行) の敷地内にあり、入場するにはチケットが必要です。この観光スポットは、有名なゼーランディア要塞(安平古堡、または安平古堡) と隣接する安平老街から北に徒歩 5 分です。

私は台湾に10年以上住んでいますが、この不気味に美しい名所を何度か訪れました。つい最近、私は台湾で新型コロナウイルスの感染が猛威を振るっていたときに訪れました。その結果、普段は混んでいるこのアトラクションを完全に独り占めすることができました。

このガイドでは、Tait & Co. Merchant House とツリーハウスの簡単な歴史、そこへの行き方、訪問時に期待すること、その他知っておくべきことについて説明します。

台南市と、四草緑洞、七股塩山、関子嶺温泉、台南の寺院、台南夜市などの近隣の観光スポットへのガイドもお見逃しなく。

Tait & Co. マーチャント ハウスの歴史

安平のこの地域には、もともと台湾の名前の由来となっている先住民族Tayouan族が住んでいた。オランダ人が到着し、1624 年からゼーランディア要塞 (安平古堡) を建設しました。

台湾、特に台南の地元の英雄である鄭成功は、1661 年に安平に到着し、台湾からオランダ人を追放した、日本と中国のハーフである明の支持者海賊でした。しかし、清朝軍は 1683 年に到着し、日本軍が到着する 1895 年まで占領しました。

清朝時代、台湾は台湾県 (臺南府または台湾府) として知られ、1894 年に台北に移されるまで、そのほとんどの期間、安平/台南が首都でした。

Tait & Co. Merchant House は、清朝末期の 1867 年に建てられた商社兼倉庫です。それは英国領事館の近くで、その時までに廃墟となっていたゼーランディア砦からわずか200メートル北にありました。

同社の主な事業は、茶、砂糖、樟脳の輸出とアヘンの輸入でした。現在「ツリーハウス」となっているその後ろの建物は、主にこれらの物品の保管施設でした。

Tait & Co. Merchant House は西洋コロニアル スタイルで建てられており、白い外観、1 階に寮、2 階に柵のあるアーケードがあります。現在、この建物には博物館があり、ほとんどの人はその裏にあるツリーハウスを探索する直前に訪れます。

同社は日本植民地時代の初期(1895年から1945年)まで営業を続け、その後塩の貿易会社になりました(台南の塩の歴史については、京子家和盤塩田ガイドで詳しく読んでください)。日本人が台湾を去った後、建物は台湾製塩所に引き継がれましたが、奥の倉庫は放置されました。

1979 年、Tait & Co. Merchant House は台湾開発蝋人形館という博物館に変わりました。最近では、蝋人形のほとんどが台湾の初期の歴史をカバーする展示品に置き換えられましたが、裏手にある倉庫を覆うガジュマルの木の網がスターアトラクションに成長しました。

ここのAnping Innを強くお勧めします(予約/アゴダを参照)。清潔でモダンなホテルには、エレベーター、無料のドリンク、お手玉椅子のある客室、とてもフレンドリーなオーナーがあり、安平運河の景色を眺めることができます。安平樹屋からは徒歩圏内です。

台南市中心部から半日旅行で安平を訪れる人も多いですが、個人的には安平で一泊するのがおすすめです。そうすれば、早朝や午後遅くに観光客が押し寄せる前に、安平古堡や安平樹屋に開店と同時に到着することができます。

夜を過ごすことで、四草緑トンネルや印象的な鹿爾門媽祖寺への旅行など、安平を十分に探索するのに十分な時間が得られます。

Tait & Co. Merchant House と Anping Treehouse は、台南市の安平区の北端にあります。安平古堡、安平媽祖廟、安平老街、塩家塩博物館などの有名な安平の観光スポットはすべて徒歩圏内にあります。

安平を観光する場合は、安平媽祖廟(午前 5 時開門)から朝を始めるのが最も合理的です。寺院のすぐ後ろには、安平古堡の南側にある安平古堡への入り口があります (午前 8 時 30 分にオープン)。

北東の角にある砦の出口は、Tait & Co. Merchant House からわずか 200 メートル (徒歩 5 分) の距離にあるため、この方向に歩くのが合理的です。ほとんどの屋台が開き始める 11 時か正午頃まで、安平老街 (城塞の裏側) を訪れることはお勧めしません。

台南市中心部から安平区に行く場合、台湾観光シャトル 99 番と台南市営バス 2 番のバスが最も便利です。

99 番バスの場合は、台南駅 (南駅) 停留所 (臺南火車站(南站)) から乗車できます。台南駅 (台南駅) は、台南駅 (南駅) の南西側にあります。このバスは新型コロナウイルス感染症の影響で週末と祝日に限定的に運行が縮小されていますが、観光客の台湾旅行が再び許可されたら通常に戻るはずですのでご注意ください。

2 番バスは環状環状線の北端にある台南駅 (北駅) 停留所 (臺南火車站(北站)) から出発します。

どちらのバスでも、Fort Zeelandia (An-Bei Rd.) 停留所 (安平古堡(安北路)) または Tait & Co. And Anping Tree House 停留所 (德記洋行安平樹屋) で下車します。2 つの停留所は Tait & Co. Merchant House から等距離にありますが、最初の停留所の方が砦に近いです。

台南ではスクーターやGo五郎 電動スクーターをレンタルすることもできます。

安平ツリーハウスの訪問
下のツリーハウスやその他の観光スポットが建っている敷地は、毎日午前 8 時 30 分から午後 5 時 30 分までオープンしています。

観光客用の 50 台湾ドル (台湾人および学生は 25 台湾ドル、6 歳以下は無料) で、以下のすべての入場が含まれます。オンラインでチケットを事前注文すると、少しお金を節約できます。

朱氏の自宅と書道の展示
漢字の書道と朱氏の書道で埋め尽くされた壁と元住民、安平ツリーハウス
朱九英の書道

チケットを購入して敷地内に入ると、最初に目に入る建物は朱玖瑩故居または因鹽玖定です。

朱九英 (朱玖瑩) は、安平に住んでいた政治家および書家でした (1898 年から 1996 年)。彼は台湾財務省の塩務局長を務め、伝統的な書道に関する数冊の本を執筆しました。彼が晩年に住んでいた敷地内の自宅は、現在、彼の書道作品を専門とする小さな 2 階建ての博物館となっています。

 

書道博物館で数分過ごした後、左側の小道が旧 Tait & Co. Merchant Houseにつながります。ここが元々の会社のオフィスでした。2 階建ての白壁の敷地は、新北市淡水区にあるサント ドミンゴ要塞の歴史的建造物を彷彿とさせ、2 階には柵のあるアーケードがあります。

現在、内部にある小さいながらも興味深い博物館では、台南と安平の初期の歴史を紹介しています。1階はもともと労働者の寮だったが、見るべきものはあまりない。

上層階のほうが面白いです。安平の歴史を年表でたどっていきますが、ほとんどの展示は北京語で行われています。室内のエアコンも嬉しい追加物です。

安平ツリーハウス
右側にTait & Co Merchant House、右奥の赤レンガの壁にある安平ツリーハウスへの入り口があります。
奥に安平樹屋の入り口が見えます。

ツリーハウスにアクセスするには、旧 Tait & Co. Merchant House を出て、メイン バスルームもある向こう (西) 側を歩き回ります。商家の裏手にある高いレンガの壁にある小さな門が、ツリーハウスへの正面玄関です。

中に入ると倉庫跡を根が登っていく光景に息をのむ。複数の部屋を通る一連の小道と高架通路はここから始まり、特定のルートをたどる必要はありません。地上ルートは部分的に車椅子でアクセスできます。

入り口を入ってすぐ左に曲がると、台湾に約25種類あるガジュマル(イチジク)の木の説明が展示された部屋に入る。これは、ツリーハウスとその存在理由についての優れた入門書となります。

右折すると、刺激的なシーンを映すために慎重に配置された鏡の壁を備えた一連の部屋に入ります。階段を上がると、枝がねじれていく様子を上から見下ろすことができます。

さまざまな部屋を探索し、あらゆる角度から遺跡を鑑賞するには、30 分ほどかかります。

後ろの高台に沿って北に進むと、池の上のツリーハウスを越えて、塩水川の展望台に着きます (関連:塩水蜂巣花火大会での私の体験についてお読みください)。

一番の見どころは、ツリーハウスを振り返ることです。これが、遺跡に生い茂るガジュマルの木の群落の実物大とスケールを理解する唯一の方法です。池まで歩いて、コイに餌をあげることもできます (チューブ入りの魚の餌は 10 NT)。

蔓に覆われた石垣から続く扉ツリーハウスの東側出口この道は出口に到達する前に、安平樹屋咖啡館を通過します。私が訪れたときは午前10時30分から午後5時30分までしか営業していなかったこのカフェ(通常、観光客が台湾に入国できる時間は9時30分から営業しています)は、お土産、ビール、お菓子、ソフトクリームを販売しています。台南の有名なアイスクリーム店「蜷尾家」。カフェでは現金のみのお支払いとなります。

ツリーハウス内の階段状のプラットフォームを模倣した、インテリアの階段状のデザインに注目してください。夏に台湾を訪れるなら、室内のエアコンは期待どおり強力です。